名古屋コーチンの魅力を伝える為日々 トリをさばく男のブログ

やわらかたまご

コーチンの卵 柔らかい卵 ふにゃふにゃ

こんにちは!

最近、地震がおおいですね~

東海地震が来るぞ来るぞと言われて

数十年。

いつでも、備えは重要だと

考えているぶっちーです。

 


 

さて、今回は「卵」

話です。

卵とは言え、少し変わり種のご紹介です。

 

 

卵を見たことがないという人は

いないと思いますが、

いつも見る卵はどんな形、触感を

していますか?

 

 

硬い殻があり、中に白身と黄身が

入っているというのが普通の卵

ですよね?

 

それではまず、こちらを見て

頂きたいと思います。

コーチンの卵 柔らかい卵 ふにゃふにゃ

パッと見、何の変哲も無い卵に

見えますが……

この卵、少し普通の卵とは違うんです。

 

 

 

 

なんと………

 

 

 

 

この卵、殻が柔らかいんです!

コーチンの卵 柔らかい卵 ふにゃふにゃ

 

この状態の卵を見る事ができるのは、

精肉店ならではです。

新鮮な鶏を捌いている店じゃないと

なかなかお目見えすることができません。

 

 

なぜならこの卵、

「完全に殻が出来上がる前の」

卵なんです。

要は、殻が出来上がってしまう前に

取り出された卵です。

 

 

鶏を捌いていると、このような

卵に出会う事が少なくないです。

 

 

おおよそですが、名古屋コーチンでは

130日齢~から持っている

個体が多くなります。

 

この画像の状態からだと、もう

あと何時間かで硬い殻がついて

排出される状態の卵です。

 

コーチンの卵 柔らかい卵 ふにゃふにゃ

 

画像では少しわかりにくいですが、

薄い膜で覆われているだけの状態です。

 

コーチンの卵 柔らかい卵 ふにゃふにゃ

 

こんなに押しても

 

コーチンの卵 柔らかい卵 ふにゃふにゃ

 

こんなに押しても割れません!

意外と丈夫な膜に覆われています。

 

 

この「柔らかい卵」、中身は

というと………

 

コーチンの卵 柔らかい卵 ふにゃふにゃ

 

もちろん、普通の名古屋コーチンの卵です。

 

このぷにぷにたまご、やわらかたまご

(名前は特に決まっていません笑)

食べると普通においしいです!

 

それでは今回はこの辺で。

また次回!

 


創業96年!名古屋コーチンの店 鳥勝

https://torikatsu.jp

〒482-0043

愛知県岩倉市本町畑中21

TEL:0587-66-0379

FAX:0587-66-0379

MAIL:sugifuchi@torikatsu.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。