名古屋コーチンの魅力を伝える為日々 トリをさばく男のブログ

コーチンのドリップは少ない!?

こんにちは!

第41回の鈴鹿8耐、

ヤマハが見事4連覇を

果たしましたね!現地で

見れなかったのが残念です。

ぶっちーです。


 

さて、「ドリップ」という

単語をご存知でしょうか?

 

コーヒーのいれ方としての

「ドリップ」は

皆様御存知だと思いますが、

「雫」や「滴る」

という意味があります。

 

こと食材や食肉においては、

「滲み出てくる液」

の事を指します。

スーパーなどで肉を買うと、

下にスポンジなどが敷いてあることが

あると思います。

それは、この「ドリップ」を

吸着させるためにあります。

 

主に冷凍した肉を解凍する時に

出てくるもので、

旨味成分や水分・タンパク質を

多く含んでいて、

味を損なう大きな要因

になりますので、

このドリップは少ないほうが

いいです。

 

 

このドリップ、

名古屋コーチンはブロイラーなどに

比べ、少ないという話があります。

 

そこで、実際に比較してみました。

 

左がブロイラー、

右が名古屋コーチンのドリップです。

 

 

「5kgの肉を袋に入れ冷凍(-18℃以下)する」

「冷蔵(5℃)にて時間をかけ解凍する」

「肉のみ袋から取り出す」

「残ったドリップを比較する」

 

という同条件の元で比較しました。

 

 

重さを測って見たところ、

 

ブロイラーのドリップ

「150g」

 

名古屋コーチンのドリップ

「25g」

 

という結果になりました。

やはり、

名古屋コーチンのドリップのほうが

ブロイラーに比べ少ないようです。

 

目に見えて違う結果が出ましたので、

自分でも少し驚きました。

 

なぜこのような結果になったのか、

考察したいと思います。

 

 

それでは今回はこの辺で。

また次回!


創業96年!名古屋コーチンの店 鳥勝

https://torikatsu.jp

〒482-0043

愛知県岩倉市本町畑中21

TEL:0587-66-0379

FAX:0587-66-0379

MAIL:sugifuchi@torikatsu.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。