名古屋コーチンの魅力を伝える為日々 トリをさばく男のブログ

もも肉のさばき方 その1

名古屋コーチン もも肉 さばき方 鶏の解体 捌き方

こんにちは!

今日で名古屋は猛暑日の日数が

年間33日目となり、晴れて(?)

年間最多猛暑日を記録したそうです。

本当に暑い日が続きます。

ぶっちーです。

 


 

さて、今回は久しぶりの

「さばき方」シリーズです。

 

「もも肉のさばき方」

(もも肉の解体)

をご紹介します。

 

名古屋コーチン もも肉 さばき方 鶏の解体 捌き方

なにはともあれ、

胴体から外した「もも肉」を

用意します。

 

これは売っている骨付きもも肉や、

こだわっている料理屋さんだと

中抜きとたい」から捌くと

思いますが、もも肉を

はずすとこの状態になります。

 

鳥勝ではもちろん処理をしたての

名古屋コーチンからもも肉を外し

この状態にして捌きます。

名古屋コーチン もも肉 さばき方 鶏の解体 捌き方

鶏のもも肉、骨はこのような形で

ついています。

この骨2本を綺麗に外すのが今回

ご紹介する捌き方の終着点です。

 

名古屋コーチン もも肉 さばき方 鶏の解体 捌き方

まず一太刀目です。

「すね」の骨の後ろ側に刃先を

刺すように入れます。

この時、刺した側と反対側の

「皮」を突き抜けないように

刺すのがポイントです。

 

名古屋コーチン もも肉 さばき方 鶏の解体 捌き方

刺した刃先を、そのまま骨に

沿うように刃を滑らせます。

慣れれば一太刀で一番右の

股関節の部分まで滑らせれる

のですが、ここでは膝の関節までです。

 

 

名古屋コーチン もも肉 さばき方 鶏の解体 捌き方

このようになります。

骨より”向こう側”を切りすぎないように

注意です。刃先だけで「開く」

イメージで切るとうまくいきます。

 

名古屋コーチン もも肉 さばき方 鶏の解体 捌き方

膝の関節を越したら、「もも」の骨に

沿って同様に開きます。

この時も、骨に沿って滑らせる

イメージです。

 

 

名古屋コーチン もも肉 さばき方 鶏の解体 捌き方

ここまで切り終わると、

このように真ん中で開けるように

なります。すねの骨の形が

はっきり見えます。

丁度真ん中あたりの白くなっている

部分が関節です。

 

名古屋コーチン もも肉 さばき方 鶏の解体 捌き方

開いた後の骨の位置は

このようになっています。

当たり前ですがさっきと

位置は変わっていません笑

 

もも肉の肉側に、一筋隙間を開けた

感じになっています。

 

長文になりますので、数記事に分けて

ご紹介します。

 

それでは今回はこの辺で!

また次回!

 

もも肉のさばき方 その2


創業96年!名古屋コーチンの店 鳥勝

https://torikatsu.jp

〒482-0043

愛知県岩倉市本町畑中21

TEL:0587-66-0379

FAX:0587-66-0379

MAIL:sugifuchi@torikatsu.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。