名古屋コーチンの魅力を伝える為日々 トリをさばく男のブログ

豚コレラにみるウイルスの脅威

こんにちは!

台風一過、急に涼しくなったように

思います。特に夜と朝は涼しいですね~

先月の酷暑が和らいでいるのは

助かりますね!

台風と地震の被災地はまだまだ

心配ですが、季節の変化を

楽しみたいです。

ぶっちーです。

 


 

さて、今日は保健所のお手伝いで

食品営業許可の更新受付を

行っていました。

 

 

雑談の中での話題で出たのですが、

「豚コレラ」

岐阜県で発生してしまいましたね汗

かなり怖いです。

これもかなりの「災害」です。

「とんこれら」と読み豚に発生する

ウイルス性の疾病です。

ひとたび発生してしまうと発生農場内

全頭処分しなければならない悲惨な疾病です。

国内での発生は実に26年ぶり

とのことですが、保健所の方によると

これで日本は「汚染国」扱いと

なってしまうそうです(豚コレラ汚染国)。

 

現に、9/11時点で日本国内から

豚肉の輸出が全面的に停止されています。

※香港が岐阜県以外からの輸入再開を

決定したようです(9/12)。

 

これって……

かなりの非常事態じゃないですか?

 

あまり大々的に報道されていないのは

風評被害の拡大防止の観点など

あると思いますが……

豚肉業界の方々は今戦々恐々と

されている事だと思います。

 

 

報道によるとまた日本が

「汚染国」から「清浄国」に

回復するには少なくとも3か月

かかると見られているとの事です。

感染経路等が現在不明との事ですが

一刻も早い解決が望まれます。

 

感染の拡大を食い止められたとしても

風評被害が一番の強敵だと思います。

 

 

豚コレラは人間に感染することはなく、

仮に豚コレラにかかっていた豚の肉を

食べても全く問題がないとの事ですが、

やはり人間の心理的にいい気分はしません。

 

 

そしてやはり今回の自体から連想して

しまうのが「トリインフルエンザ」です。

豚コレラと同じウイルス性の疾病で、

近年とてつもない勢いで猛威を

振るっています。

こちらも農場全頭処分対象の悲惨な

疾病です。

 

これから冬にかけ空気が乾燥するので

またトリインフルエンザの心配をする

時期が近付いています。

昨年までの数年間では日本と韓国を中心に

猛威を振るい、韓国ではなんと1年間で

3500万羽以上(!)

鳥が処分されてしまいました。

 

 

鳥インフルエンザ、

これから話題にすることも多いと

思いますが何とか今年は何事もなく

過ごせますように。

 

 

それでは今回はこの辺で!

また次回!

 


創業96年!名古屋コーチンの店 鳥勝

https://torikatsu.jp

〒482-0043

愛知県岩倉市本町畑中21

TEL:0587-66-0379

FAX:0587-66-0379

MAIL:sugifuchi@torikatsu.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。