名古屋コーチンの魅力を伝える為日々 トリをさばく男のブログ

骨スキ包丁、腐食。

こんにちは!

朝晩はだいぶ冷えてきましたね。

朝だんだんと布団から出れなく

なってきます笑

ぶっちーです。

 


 

さて、

最近恐れていたこと

起きてしまいました。

 

 

まずはこの画像をご覧ください。

 

 

いつも使っている骨スキ包丁です。

ちなみに、研いだ直後です

どえらい切れます。

 

しかし、今回は

いつもの研ぎ終わった

状態とは少し違います。

 

 

反対側から写した画像です。

 

 

 

お分かりですか…?

画面中央に注意してみてください。

 

ここです。

 

研ぎ続けられたこの骨スキ包丁、

ついに「黒錆」の腐食部まで

刃先がたどり着き、「欠け」

できてしまいました泣

 

「腐食」ってなに?

という方、簡単にご説明すると

「錆による浸食」です。

洗って取れるものではありません。

 

上記の画像の骨スキ包丁、

黒くなっている「汚れ」

のようなものは全て腐食跡です。

この「腐食」が骨スキ包丁に

穴を開けてしまっています。

 

画像で表すとこんな感じです。

この三角を骨スキ包丁の断面図だと

見て頂けると、このような

イメージになります。

骨スキ包丁の平らな面が細かく

「凹む」状態です

 

 

この骨スキ包丁を研ぎ続けると……

こうなります。

このように、部分的に凹みがある状態で

骨スキ包丁を研ぎ続けると、「凹み」に

辿り着いた時に骨スキ包丁の「刃」に

なるはずだった所が無いので

部分的に凹んでしまいます。

 

この画像で見るとわかりやすいかも。

これよりさらに研ぎ続けると、

腐食による「穴だらけゾーン」に

突入してしまう為、この骨スキ包丁は

近いうちにお蔵入りすると思います。

 

数本あるメインの骨スキ包丁の中でも

一番切れ味が良い骨スキ包丁だったので

気に入ってたのですが……

 

こればかりはしょうがないです泣

 

それでは今回はこの辺で!

また次回!

 

 


創業96年!名古屋コーチンの店 鳥勝

https://torikatsu.jp

〒482-0043

愛知県岩倉市本町畑中21

TEL:0587-66-0379

FAX:0587-66-0379

MAIL:sugifuchi@torikatsu.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。