名古屋コーチンの魅力を伝える為日々 トリをさばく男のブログ

レバ刺し食べて重体!?

こんにちは!

冬が一気に襲来したように

さむいですね!

今までが暖かすぎて

体が慣れません汗

ぶっちーです。

 


 

年の瀬も迫っていますが、

とても怖いニュースです。

 

レバ刺しを食べて重体

 

古河市内の飲食店で牛レバ刺し

などを食べた2人が食中毒症状

を訴えた、と発表した。

2人の便からは食中毒の原因菌

カンピロバクターが検出された。

うち1人は体のまひや呼吸困難が

起き、重体で入院している。

引用:朝日新聞デジタル

 

レバ刺し食べた2人が食中毒

(2018.12.07)

 

 

これはとても怖いニュースです。

今回は「牛」のレバ刺しが原因

との事ですが、鶏の食中毒でも

おなじみとなってしまった

カンピロバクター

原因菌とみられ、

 

症状を訴えた方の内の1人は

現在も「重体」となっており、

一刻も早い回復を願うばかりです。

 

カンピロバクター食中毒を

発症したうちの一定数が

かかってしまう、

「ギランバレー症候群」に

なってしまったようです。

 

 

牛でもカンピロバクター?

 

今回もカンピロバクターが原因と

されています。

このカンピロバクター、鶏の生食で

発生する食中毒という考えを、

皆様持っているとおもいます。

 

 

実はカンピロバクターという

菌には種類がたくさんあり、

そのうちのいくつかが

人に食中毒を引き起こすと

されています。

 

そのうち有名なのが2種類、

カンピロバクター「ジェジュニ」

(主に鶏、牛で保菌率が高い)

カンピロバクター「コリ」

(主に豚で保菌率が高い)

 

があります。

今回のカンピロバクターは

「ジェジュニ」だと推定され、

鶏の加熱不足で起こる食中毒と

同じ原因菌です。

※カンピロバクター食中毒の

ほとんどはこの「ジェジュニ」だと

されています。

 

 

店側はレバ刺しなどについて、

厚生労働省が定める低温殺菌

(63度で30分加熱)をしたと

しているが、同課は加熱が不十分

だった可能性があるとみて調べている。

 

 

とありますが、やはり

低温での殺菌には限界が

あるのでしょうか・・・?

 

みなさまも、ちゃんと加熱された

食品をおいしく食べて、

楽しく年末を迎えましょう!

 

それでは今回はこの辺で!

また次回!


創業96年!名古屋コーチンの店 鳥勝

https://torikatsu.jp

〒482-0043

愛知県岩倉市本町畑中21

TEL:0587-66-0379

FAX:0587-66-0379

MAIL:sugifuchi@torikatsu.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。