名古屋コーチンの魅力を伝える為日々 トリをさばく男のブログ

鶏の胴ガラ各種

こんにちは!

記録的な寒気が襲来しているようで、

首都圏では積雪も観測されたそうですね!

愛知県は少し寒いですが、いつもと

変わらない日常です。

明日は場所により雪が降るそうですが、、

ぶっちーです。

 


 

さて、今回は

鶏の胴ガラ

についてです。

 

お料理の出汁を取るときには

欠かせませんね~!

料理店さんだけでなく、ご自分で

料理をする方にも人気の商品です。

 

鳥勝が普段承っている胴ガラは

2種類あり、その違いをご紹介します!

 

まずはこちら。

 

名古屋コーチンの胴ガラです。

普段鳥勝がご提供している

「1羽セット」

「半羽セット」をご用意した時に

出来るガラで、せせりやハラミ、

骨盤の内側(扇)などすべて肉を

取った後の胴ガラです。

 

 

あまり肉がついていないこの状態でも、

出汁は骨の「髄」から出る為、

少し骨を割った状態で鍋に

入れて一煮立ちさせるだけで

名古屋コーチンのとても良いダシが

出ます。

灰汁が少なく、澄んだダシが出ます。

 

 

お次はこちら。

 

 

鳥勝では「胴の丸ガラ」と

呼んでいます。

 

こちらは上記のガラと違い、

せせりや皮などの肉が

かなり残った状態のガラです。

 

 

もちろんこちらの方が

髄から出る出汁に加え肉のうま味も

しっかり出汁として残りますので

「名古屋コーチンの味」は

分かりやすく出ます。

 

 

以前こちらの丸ガラを使って

実験的に6時間程寸胴で煮込んだ

所、ラーメン屋さんの

天下〇品のこってりラーメンのような

スープが取れました笑

 

ガラも肉がついている物と

肉がついていないものでは

出るダシも変わって面白いです。

 

 

それでは今回はこの辺で!

また次回!

 


創業96年!名古屋コーチンの店 鳥勝

https://torikatsu.jp

〒482-0043

愛知県岩倉市本町畑中21

TEL:0587-66-0379

FAX:0587-66-0379

MAIL:sugifuchi@torikatsu.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。