名古屋コーチンの魅力を伝える為日々 トリをさばく男のブログ

地鶏と呼ばれる条件とは? その1

こんにちは!

ついに10連休が終わって

しまいましたね!

僕はずっと平常通りの生活です笑

ぶっちーです。

しかし今年のお盆も9連休?

なりそうだとか…。

令和元年は大型連休が多そうですね!

 


 

さて、みなさん

「地鶏」と聞いてどんな

イメージを持っていますか?

 

 

よく居酒屋や料理店でも、

メニューで見かけますね~。

 

「鶏肉のソテー」

「もも肉の鉄板焼き」

書かれているよりも

 

「地鶏のソテー」

「地鶏もも肉の鉄板焼き」

表示されていた方が

美味しそうじゃないですか?

 

そうです。

少なからず、地鶏という表現は

購買意欲を高め、商品価値を

「食材としても、価値としても」

アップさせています。

名古屋コーチン 鳥勝

 

そのよく目にする「地鶏」、

どのような鶏肉が「地鶏」と

呼ばれるのでしょうか?

 

あたりまえですが、国産の鶏肉で

特定の地域で育った鶏なら地鶏と

名乗ってもいいというわけでは

ありません。

そして「地鶏」という鳥が

いるわけでもありません

 

 

地鶏の定義、実は

 

「日本農林規格」

(JAS規格)

 

という規格で、厳密に「地鶏肉」

という規格は決められています。

JASマークは、見た事がある!という

方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

その「地鶏肉」のJAS規格、

大きく分けて

4つの条件が定められています。

 

①飼育の対象となるひな鶏

②飼育期間

③飼育方法

④飼育密度

 

の4つです。

次回は、各条件を少し細かく見て

行きたいと思います。

 

まずは、どんな鶏でも「地鶏」と

名乗っていいわけではないという

事を知って頂けたと思います。

 

それでは今回はこの辺で!

また次回!

 

 

 


創業96年!名古屋コーチンの店 鳥勝

https://torikatsu.jp

〒482-0043

愛知県岩倉市本町畑中21

TEL:0587-66-0379

FAX:0587-66-0379

MAIL:sugifuchi@torikatsu.jp

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。